A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

楽天・全世界株式インデックス・ファンドと野村つみたて外国株投信の新しい投資信託が登場

 

f:id:A-BOUT:20170927201318j:plain

はーいどうも

色んなブログなどの記事を

読んでると気になる銘柄を

見つけたので

紹介しようと思ったので

紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

2017年9月29日から

販売される投資信託になります。


ベンチマークは

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算)
(信託報酬)0.23%
[委託0.05%・販売0.05%・受託0.02%・VT管理0.11%]

 

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

を持ってるのと同じになります。

信託報酬は違うので

厳密に言えば違いますが

ベンチマークは一緒ですので

 

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

って何やねん?って

疑問に思うので調べてみました。

 

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは、

全世界(先進国・新興国)の株式市場への投資を

目的とした株価指数(インデックス)になります

 

大型・中型株だけでなく小型株も

インデックス内に含み、

全世界の株式時価総額の約98%をカバーします。
全世界の大中小型株式

約7,500銘柄に分散投資が可能となります。

との事です。

 

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

の有名銘柄としては

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

が存在します。

これ一本で世界中に分散できるので

詳細はこの記事で

www.a-bout.jp

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

の紹介?って記事になりましたが

販売会社は現在の所は

楽天証券のみとなります。

 

野村つみたて外国株投信

 

2017年10月2日に発売<

ベンチマークは
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス

日本を除く
(信託報酬)0.2052%

 

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス

ってなんだ?ってなるので

アメリカやヨーロッパ、日本などの

先進国だけでなく、中国やインドなどの

 

新興国を含む45カ国以上の株式、

約2,500銘柄から構成されている

時価総額加重平均型の株価指数です。

との事です。

 

販売会社は野村証券、SBI証券、新生銀行です。

 

野村つみたて外国株投信の紹介記事?

紹介になってないような記事ですが

これ以上説明のしようがないので

 


米国株ランキング

どんどん(信託報酬)が安い

投資信託が登場しているので

日本の投資情勢は少しは上を

向いてるって印象があります。

 

S&P500に連動する投資信託もある

登場してますし

www.a-bout.jp

 

www.a-bout.jp

 

今までは手数料を取るために

適当な投資信託などを

銀行や証券会社が多数ありましたが

 

ネット社会なので

そんな事をいつまでも続けては

投資を始める人が減るだけので

良い投資信託が出る事は

投資家にとってメリットがるだけ

なんで歓迎します

 

あとキンドルセールのお知らせ

www.a-bout.jp

投資は自己責任で

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村