A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

株主優待銘柄、1500超で最多だが本当に長期保有したいなら米国株を買い

 

f:id:A-BOUT:20190314081505j:plain

はーいどうも

株主優待は人気ですが本当に長期保有をしたいなら

米国株をだなって感じるの記事にしました。

 

 

 

 

チャンネル登録お願いします

株主優待銘柄、1500超で最多 「長期保有で優遇」増える

スポンサードリンク

 

株主に自社製品や金券などを贈る株主優待制度が広がっている。

導入数は今年1月末で1500銘柄を超え、過去最多となった。

上場銘柄全体の4割近くに達する。

とくに最近は株式を長く保有するほど

優遇する仕組みが増えている。

個人に安定的に株を持ってもらいたい企業は多く、

優待の充実はさらに進みそうだ。

 このような記事を出てますが

株主優待名人・桐谷広人さんのおかけで株主優待が

脚光を浴びてますが株主優待は色んな物が貰えるので人気ですが

企業にとっては株主優待は重荷になっています。

 

大人気の株主優待株に、すかいらーくで例で言えば

株主優待が原因で減益になり配当金を大幅減配など

話題になりました。

すかいらーくは株主優待に力を入れたせいで

無駄にコストが掛かり結果が減益で大幅減配になりましたが

株主優待目当ての人は株主優待が改悪されれば

違う企業に乗り換えるので

すかいらーくは限界まで株主優待を維持するしかありません。

 

株主優待目当ての人は株主優待と言う目先の欲に支配されている

スポンサードリンク

 

俺は日本株を買った事がないので株主優待を

貰った事はありません。

理由として株主優待を貰うより配当金でお金を配ってくれ

って考えているからです。

 

株主優待で人気のオリックスですが

連続増配記録は10年ですがリーマンショックのときは

大幅な減配になりましたが(▲73.1%)のように

景気が悪くなると大幅減配したので株主優待も改悪か

最悪廃止になります。

そうなれば株主優待目当ての人は違う株式投資に乗り換えるでしょう

 

米国株には株主優待はないが長期保有に適している

俺がおすすめしている米国株には株主優待は存在しませんが

仮に合っても外国人にどうやって株主優待を渡すねんって

ツッコミが入ります。

 

米国株は長期保有に適してる理由としては連続増配です

 

株式投資で連続増配が50年以上の企業を配当王と呼びます

日本の企業には残念ながら配当王は存在しませんが

花王の28年連続増配が最高記録です。

花王の連続増配記録です。

f:id:A-BOUT:20181218233454p:plain

 

花王の連続増配でも1988年から2016年までで

12倍の1株当たりの配当金が増えています。

花王の例でいってますが連続増配の凄さが分かるはずです。

 

50年以上の連続増配の配当王

アメリカン・ステイツ・ウォーター 【AWR】
増配年  63年

ドーバー【DOV】
増配年   62年

ノースウェスト・ナチュラル・ガス【NWN】
増配年   62年


ジェニュイン・パーツ【GPC】
増配年  :61年

パーカー・ハネフィン【PH】
増配年   :61年

プロクター・アンド・ギャンブル【PG】
増配年   61年

スリーエム【MMM】
増配年   59年

ベクトレン【VVC】
増配年   58年

シンシナティ・ファイナンシャル【CINF】
増配年  :57年

コルゲート・パルモリーブ【CL】
増配年  :54年

ジョンソン&ジョンソン【JNJ】
増配年   55年

コカ・コーラ【KO】
増配年   55年

ランカスター・コロニー【LANC】
増配年   55年

ロウズ【LOW】
増配年   55年


ノードソン【NDSN】
増配年   53年

ホーメル・フーズ【HRL】
増配年   52年

カリフォルニア・ウォーター・サービス【CWT】
増配年   50年

配当王を並べましたがざっとこんな感じです。

 

日本は少子高齢化なのに世界展開してない株主優待人気銘柄

全部ではありませんがすかいらーくグループは

台湾に9店舗あるだけで後は全部日本です。

 

株主優待で人気のイオンもアジアに展開してますが

事業展開国は14カ国で計227店舗で大小さまざまな店舗が

アジアに出てますがまだ全然少ないです。

16,375店舗が全てありますがほとんどが日本の店です。

米国株のコカ・コーラはコカ・コーラ社製品は、
200以上の国や地域で、毎日約19億杯消費されています。
米国株のマクドナルド2009年時点で全世界で121カ国、約3万店舗
に展開しています。

 

株主優待では長期保有は厳しいのが現実で

長期保有をしたのであれば米国株を買いなさいって事です

スポンサードリンク

 

 

投資は自己責任で

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

関連記事

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

 

p>にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:ブログ更新しました♪

他のおすすめ記事