A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

積立nisaは長期保有が前提 投資初心者でもおすすめ出来て安心出来る理由

 

f:id:A-BOUT:20180925211815p:plain

はーいどうも

積立nisaを始めようかなとか積立nisaを始めたよって人を

前提に書いてますので。

 

 

 

積立nisaは長期保有が前提

スポンサードリンク

 

運用益がすべて非課税なんで20年間で

運用益が非課税となる投資枠が最大800万円分が非課税なので

非常に勿体ないんで。

 

さらに短期の値の上げ下げは当たり前で長期に渡るほどの

その上げ下げは収束するので結果的に長期では儲かる

f:id:A-BOUT:20180924132308p:plain

出所:金融庁「説明資料」より引用

 

俺の説明より上の図を見てもられば分かりやすいですが

短期だと5年後が73万になる可能性もあるし173万円になる可能性もある

20年の長期185万円から321万円の振れ幅になる

 

2年以内に投資信託を辞めてしまうデーターがある

大手ネット証券の担当者は、積立投資の件数が
うなぎ上りで増えていると鼻息荒く語る一方で、
積立を始めた人の多くが2年以内にすべて売却してしまう、
中には1年も経たずして積立をやめてしまうケースも
少なくないという実態を嘆いています。

 積立nisaではなくて投資信託なんでその辺はちょっと違うかもしれませんが

でも多くの初心者は儲かれば売って利益にしたいし

損になれば売って少しでも損失を抑えたいのは本能なので仕方ない

と言えるんですが積立nisaは長期保有が前提なんで20年は投資しましょう。

 

リーマンショックより10年でいつ大暴落が来てもおかしくない

リーマンショックから10年で10年周期に大暴落は来ると

言われているので明日来ても何も不思議ではありません。

大暴落になりそうな事例として言われてるのが

 

中国の不動産バブル崩壊、ドイツ銀行破綻、

アメリカ自動車サブプライムローン崩壊

と言われていますが多分予想もしてなかった事で

大暴落が起きるのではないかと勝手に思ってます。

 

大暴落が起きたら間違いなく積立nisaは解約は山のように起きる

スポンサードリンク

 

記憶にないかもしれませんが2018年の2月に史上最大の下落がありました。

ダウ工業株30種平均が前日比1175.21ドル(4.60%)安と史上最大の下げ幅

一時日経平均が1500円超の大幅下落

これだけでも大勢が悲鳴を上げてました。

 

俺もまだチャイナショックすら経験がありませんので

暴落してもいずれ値は戻ると分かっていても

精神が持たない可能性があります。

暴落は精神を削るので数日だけで大騒ぎでしたので

リーマンショック以来の暴落が起きれば何年単位でマイナスになります

そうなっても持ち続ければ大儲けです。

 

値段が下がればそれだけ多く買えるんです。

分かりやすく言えば10000かから4000になれば

10000の時の2倍以上多く買えますが何年も4000だと

なかなか上がらないのでは苦しさから逃げたいから売ってしまて

積立nisaは儲からない、詐欺だ、売ってる所だけが儲かる商品と

言われるでしょうが4000が20000に成れば大儲けです。

 

 

f:id:A-BOUT:20180212103030p:plain

セゾン資産形成の達人ファンドの10年チャートです。

 

分かりやすい例で言えば上のチャートを見ると

販売すぐにリーマンショックに4000まで落ちてますが

低迷してる間に多く買えているので今も持ってる人は大儲けです。

大暴落しても積立nisaを続ければいいだけですから

 

投資は自己責任で


Twitterもしてます↓よかったらフォロワーもお願いします
https://twitter.com/castle193

スポンサードリンク

 

 

ランキング10位を目指してるので応援ポチお願いします

関連記事

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:ブログ更新しました♪

他のおすすめ記事