A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

暴落に狼狽えたくないならダウ平均かS&p500に連動する投資信託か海外ETFを買おう

 

f:id:A-BOUT:20180209205555j:plain

はーいどうも

先日の暴落騒ぎでネットでは狼狽えるコメントなどを

見たので狼狽えたくないならどうしたら良いのかを

考えました。

 

 

 

ダウ平均は-1175の歴史上最高値の暴落で
日経平均も-1071の歴史的暴落だし

さらにダウ平均は--1032.日経平均も--508の下落しました

世間では喜ぶと人と狼狽える人の二通りの反応になりました

スポンサードリンク

 

 

2015年のチャイナショック以来の下落らしい

下落だったのですが

チャイナショック以降に株や投資信託に

参加を始めたにはこの世の終わりのような悲惨な様子でした

俺も2017年3月に株や投資信託に参加しましたが

今回の暴落には狼狽えませんでした。

 

ダウ平均やS&p500を見れば

今の暴落なんて20年後や30年後の事を考えれば

問題なしと判断したからです。

日経平均や個別株は例外ですけど

 

ダウ平均

1960年1月 始値679

1970年1月 始値800

1980年 始値839

 1990年 始値2753

2000年 始値11502

2010年 始値10431

2018年 2月9日24893

と20年単位で見れば何処から買っても上がってます

 

10年単位でも

2000年 始値11502
2010年 始値10431は下がってますが

リーマンショック影響ですけど

10年単位なら損をするかもしれないですけど

20年以上の長期で見れば基本的には大幅に

上がってるんで20年、30年先を見ようって言いたいんです。

 

100年単位で考えれば

1917年から2017年まで276倍ダウ平均は

上昇しています。

 

S&p500は

1960年1月 始値58

1970年1月 始値92

1980年1月 始値135

1990年1月 始値330

2000年1月 始値1320

2010年1月 始値1257

2018年2月2月9日 2681

 

これもまた20年単位でみれば

どこで買ってようが上がっています。

スポンサードリンク

 

 

タイトルで言ってるように暴落に一喜一憂なんてしたくない

って人は

ダウ平均かS&p500に連動する投資信託か海外ETFを

買えばこの上昇していく恩恵に預かれます。

あくまで20年以上の単位で見た結果なので

2年や3年で全然上がらないぞ

なんて文句は言わないように

すぐにお金持ちになりたい人には向いてませんので

 

あと個別株は自分で調べて下さい

膨大すぎるので調べるだけで時間がかかりすぎるので

ちょっとだけ調べました

コカ・コーラ

f:id:A-BOUT:20180208202134g:plain

 

プロクター&ギャンブル

f:id:A-BOUT:20180208202207g:plain

 

ジョンソン&ジョンソン

f:id:A-BOUT:20180208202242g:plain

 

個別株なら有名どころの30年チャートでは

こんな感じになってます。

スポンサードリンク

 

 関連記事

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

投資は自己責任で

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:ブログ更新しました♪