A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

値段が気になるなら気絶投資法も有効なつみたてNISA(積立NISA)ではかなり有効かも

 

f:id:A-BOUT:20180326190552j:plain

はーいどうも

古来からある伝統ある投資方法です。

その名も気絶投資法です。

 

 

 

つみたてNISAが始まってまだ3か月ですが

スポンサードリンク

 

つみたてNISAから投資を始めた人もいるでしょうけど

2月の暴落などでハラハラした人も多いのではないでしょうか

そして3月も暴落でドキドキした人も

 

古来から伝わる気絶投資を試すのも一興です。

やり方は凄く簡単で買った銘柄などを忘れましょう

これだけです。

凄くシンプルです。

 

期間は好きなだけ忘れましょう

1年でも5年でも10年でも20年でも問題ありません

ただしちゃんと毎月商品を買えるお金だけは

先に証券会社に放りこむか入金は必要ですけど。

 

気絶投資方のメリットは

スポンサードリンク

 

気が付いた時には投資額も凄い事になってますけど

利益も増えてるはずです。

正し良い投資先に限りますけど

 

人気の商品の楽天・全米株式インデックス・ファンド

で計算すると楽天・全米株式インデックス・ファンドと

連動する通称VTIは10年の平均リターンは

VTI:8.71%ですが面倒なので年平均8%で考えると

 

毎月3万円でリターンが平均8%なら

f:id:A-BOUT:20180315222734p:plain

元本が360万円ですけど得る金額は543万円です。

次は20年なら

f:id:A-BOUT:20180315222911p:plain

元本が720万円ですけど得る金額は1717万円です。

 

忘れてるだけでこの金額になってれば嬉しいですね。

あくまで過去のデーターなので

実際にこうなるかは分かりませんが

かなりの確率でこれに近い数字は出るはずです。

 

気絶投資法は株価の一喜一憂をしないでおける所が

最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

過去で言えばリーマンショック級の暴落が

これば百戦錬磨の人でも狼狽えるので

初心者なら猶更狼狽えてせっかくの積み立てを

解約に走るかもしれまんので

そうなったら大幅なリターンがなくなるので結局は

機会損失になります。

 

でもリーマンショック級の暴落が来て戻らなかったら?

なんて不安なあなたには

iFree S&P500インデックスをお勧めします

iFree S&P500インデックスに連動する

S&P500という指標は過去60年間のデーターでは

絶対に20年保有すれば儲かっています。

もっと詳しく調べればもっと長いでしょうけど調べてません

面倒なんで

 

S&p500は
1960年1月 始値58
1970年1月 始値92
1980年1月 始値135
1990年1月 始値330
2000年1月 始値1320
2010年1月 始値1257
2018年2月2月9日 2681

と言う感じなので過去にはリーマンショックも

ITバブル崩壊など数々の暴落を経験しても

戻っています。

 

他にも連動する指標を調べた事はないので

他の指標はどうなってるかは分かりませんけど

日経平均は約30年前からまだ戻ってませんけど

S&p500は戻ってる実績があるのでお勧めします。

 

他の指標も調べれば出るんですけど面倒なので

今の所は調べる予定はありませんので

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

関連記事

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

www.a-bout.jp

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
米国株ランキング ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:ブログ更新しました♪

他のおすすめ記事