A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

AT&Tはタイム・ワーナー社買収によっては天国か地獄か決まる

 

f:id:A-BOUT:20171127204231j:plain

はーいどうも

自分の持ち株のAT&Tの事を

書こうと思ったので記事にしました。

 

 

 

米国通信業界2強のAT&Tですが

ネットの中立性の原則を撤廃

スポンサードリンク

 

米連邦通信委員会(FCC)は21日、

「ネットの中立性」の原則を撤廃する方針を発表した。

通信の設備にかかる投資をネット企業など

インフラを使うユーザーも含めて

負担する方向にカジを切る。

グーグルなどネット企業は通信会社によって

サービス低下を余儀なくされたり

、多額の利用料を求められたりする可能性がある。


設備費を分担
 FCCは今後、回線に負荷がかかる

大容量コンテンツについて、

通信会社が配信速度を落としたり

、遮断したりできるとしている。

FCCはこの提案は12月14日に採決する予定

しているみたいで

採決が決まれば米国通信業界の株価も

上昇するのではと考えてます。

スポンサードリンク

 

 

この報道で通信大手の

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)

とAT&T(T)の株価は

それぞれ+1.99%高、+1.57%高と上昇しているので

米国通信業界に恩恵があるので期待したいです。

 

司法省がAT&Tによるタイム・ワーナー社買収を提訴

 

この事によってAT&Tの肝いりの買収が

どうなるかが注目されています。

AT&Tは昨年10月22日に

タイム・ワーナーを現金と株式により

850億ドルで買収することを発表してるので

これが失敗に終われば株価は低迷が

避けられません。


米国株ランキング

 

司法省は、AT&Tとタイム・ワーナーの統合が

弊害をもたらすと証明する義務を負う。

さらに1970年代初めのニクソン政権以降、

垂直的な合併が阻止されたケースはないという事実も、

AT&T側の意見の正当性を高める。

ただし、実際に合併が撤回されてこうした法則に

当てはまらなかった可能性が

ある案件もいくつか存在する。

例えば半導体製造装置大手ラム・リサーチ(LRCX.O)は、

同業のKLAテンコール買収を断念した。

スティーブンソン氏に関して言えば、

そうした後戻りはもう許されない立場に置かれている。

 

天国か地獄か

 AT&Tはタイム・ワーナー社買収によっては

天国か地獄に行きが決まると言っても

過言ではありませんので投資家も注目してます。

 

タイム・ワーナー社買収が成功して

「ネットの中立性」の原則が可決すれば

株価も大幅に上昇するでしょうが

タイム・ワーナー社買収が失敗すれば

投資家は株をたたき売りするので下落は

間違いありません

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村