A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

ヤマトホールディングスの業績を見て見よう

 

f:id:A-BOUT:20171021222752j:plain

はーいどうも

日本が誇る企業のヤマトホールディングスの

業績を見て見ましょう。

 

 

 

ヤマトホールディングス

宅配便のシェアNo.1である

宅急便を展開するヤマト運輸株式会社を

傘下に持つヤマトグループの持株会社

 

売り上げは

スポンサードリンク

 

f:id:A-BOUT:20170918084656p:plain

 

売り上げは2013年から

右肩上がりで好調を示しています。

2017年の売り上げは

1兆4668億円になります。

 

売上収益が伸びたものの、

営業原価の増加や販売費および

一般管理費における人件費増により

大幅な減益となった。

一方、デリバリー事業の宅急便の

取扱数量は対前年比+8%増の

18億6700万個と引き続き堅調。

 

営業利益は

f:id:A-BOUT:20170918085014p:plain

 

2013年から2015年までは

好調でしたが

2016年にはガックと下がって

2017年は2013年付近まで

回復してます。

営業利益は2017年は633億円です。

 

純利益は

f:id:A-BOUT:20170918085316p:plain

 

スポンサードリンク

 

2013年から2016年までは

右肩上がりで好調でしたが

2017年には半分ぐらいまで

下がっています。

2017年の純利益は180億円です。

 

10年チャート

f:id:A-BOUT:20170918085738p:plain

 

2009年のリーマンショックですが

株価は落ちてますがそこまで落ちてない

って印象で

2014年にはリーマンショック前の

株価を抜いてるので

数社の株価みた中ではかなり珍しいです。

 

ヤマトホールディングスは

不況にも強いって株価を

見る限りでは感じます。

2015年から株価は

ずっと横ばいです。

 

株主優待制度はなくて

配当利回りは1,21%です。

 

2018年3月期の会社による業績見通しは、

営業収益は対前年度比横ばいを

見ているものの、営業利益は同▲14%減、

当期純利益は同▲6%減と、

引き続き厳しい見方をしている。

各種報道にあるように取引単価の

引き上げや人手の確保や人件費の

対応など様々な施策の中で

どのように収益を確保するかがポイントとなる。

 

 

ヤマトホールディングスは

安定してると言えますが

株を買うかと言われたら

あんまり魅力を感じる銘柄では

ないので買う事はありませんが

 


米国株ランキング

○○ショックが来ても

株価の大暴落はなさそうな

安定企業で

宅急便業なので不況に左右されない

という強みがあります。

 

今の所は宅急便業の衰退は

感じられないのですが

人材確保するのに苦労しそうで

あるのでどうなんだろうって感じです。

 

宅急便業は基本ブラックなので

賃金を上げれば人は集まるだろうけど

なかなか賃金上げづらいだろうから

なかなか難しいでしょう。

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村