A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

日立製作所の業績を見て見よう

 

はーいどうも

今回は日本が世界に誇る大企業

日立製作所 の業績を見たいと思います。

 

 

 

情報・通信システム、社会・産業システム、

電子装置・システム、建設機械、高機能材料、

オートモティブシステム、生活・エコシステム、

その他の8の部門から構成されています。

総従業員数33万5244人は、総合電機最大です。

 

売り上げは

スポンサードリンク

 

f:id:A-BOUT:20170917235833p:plain

 

3年分のデーターしかありませんが

2016年までは上昇してますが

2017年は売り上げが落ちてます。

 

売り上げは

2017年で売上高は9兆1622億円

(前年同期比8720億円減)

下がったと言っても9兆円あります。

 

減収減益の要因は為替変動と事業再編である。

為替は売上高で4900億円の減収要因、

営業利益で730億円の減益要因だった。

日立物流や日立キャピタルの

事業売却などの事業再編は、

売上高で7090億円の減収要因、

営業利益で550億円の減益要因になった。

 

 日立は初めてIoT(インターネット・オブ・シングズ)

のデータ活用基盤「Lumada(ルマーダ)」

の業績を発表した。

期中に提供を開始したLumadaに

関連する2017年3月期の売上高は9000億円で、

全体の約1割に及んだ。

 

営業利益は

f:id:A-BOUT:20170918000439p:plain

 

2016年は上がってますが

2017年は売り上げが下がってるので

当然下がってます

営業利益は5873億円(同475億円減)

になります。

 

純利益は

スポンサードリンク

 

f:id:A-BOUT:20170918000659p:plain

 

売り上げが2016年が

一番高いのに純利益では一番低くて

2017年は売り上げが

下がったのに

純利益が大幅に上がってます

 

10年チャートは

f:id:A-BOUT:20170918001401p:plain

 

リーマンショックで

800円から200円ぐらい付近まで

暴落して株価が4分の1まで

落ちてます。

 

2015年には

リーマンショック前まで株価を

超えてるのは

日本の大企業の数社の株価を見ましたが

非常に珍しいです。

 

そのあと落ちてますので

900円ぐらいが目安なのでは

ないのでしょうか。

 


米国株ランキング

株主優待はなしで

配当利回りは1,66%です。

 

個人的には日立製作所の株は

買うのはないですが

もし買うなら400円ぐらいまで

落ちてから買って保有するのが

良いのではないでしょうか。

 

2019年3月期までに

「1兆円規模の企業買収をして、

海外でLumada事業を拡大する」

2018年3月期通期の業績予想は減収増益で、

売上高を9兆500億円

(2017年3月期比1122億円減)、

営業利益を6300億円(同426億円増)とした。

日立工機や日立国際電気などを売却する

事業再編で減収するが、

事業の成長や収益率の改善で増益を予想した。

 日立製作所はこのような

コメントを残してます。

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村