A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

株や投資などの資産運用は若い頃からすべき理由 60年違えば貯金なら2160万円だけどS&P500なら322億円

f:id:A-BOUT:20171010184922j:plain

  

はーいどうも

まだ株や投資信託などを

初めて7か月目の新米ほかほかですが

ぶっちゃ株などの初心者セミナーぐらいは

楽勝で出来る自信があるブロガーです。

 

 

 

今回は株や投資などの資産運用は若い頃からすべき理由

のタイトル通りなんですが

何故若い頃から始めないといけないかを

説明したいと思います。

 

若い頃からするのは投資の経験値を積む為

スポンサードリンク

 

理由として第1に投資は

経験が必要だと言う事です。

 

まだまだ新米なので

そこまで経験をしてないですが

株など投資信託が

マイナスになるとどんな気分かを

味わえるし

プラスならどんな気持ちになるかも

経験が出来るからです。

 

さらに10年に一度はある

株価大暴落の経験を出来たり

プチ○○ショックなどの経験を

何度も出来るので精神的にも楽ですし

どうすれば良いのか必然に経験で分かります

 

いつ買っていつ売れば良いのか経験する

俺もこのタイミング買って

正解だったなんて後にならないと

分からないと言う経験を積みました。

 

この値段が割高なのか割安なのか

数値では分かりますが

それだけで株価は決まりませんので

どのタイミングかは

自分の経験則でしか図れません

 

若ければ買う値段が安いので損害も少ない

投資信託なら安く買えますが

株なら日本株では安ければ10万円以内で

買えるものなどがありますが

高い株などはもっと値段がかかりますが

 

若いとそこまでお金がないので

欲張って買えないので必然的に

安くなりますが

 

定年後に初めて買えば

欲望が出るので

何百万や何千万円を買って

毎日神経をすり減らす事になりかねない。

 

もっと大事なのは若さと言う特権である。

スポンサードリンク

 

人類でもっとも偉大な発見と言われている

複利ですが

効果出るまで何十年と時間を要します。

これは年数を掛ければ掛けるほど差が

出るので出来るだけ早く始めるのが

得です。

 


米国株ランキング

極端に言えば

子供が生まれた日から投資を初めて

子供が20歳の時に

資産を渡せば20年分の複利を

得た状態で渡せるのです。

 

毎月3万円で年4%で20年の図です

貯金なら720万円ですが

複利があれば1095万円です

 

f:id:A-BOUT:20171009141505p:plain

 

 

 

毎月3万円で年4%で60年の図です
貯金なら2160万円ですが
複利があれば8752万円です

f:id:A-BOUT:20171009141837p:plain

 

年4%という投資信託の平均なので

もっと年の利率が違えば差が出ます。

S&P500なら

平均年9%なんで

 

20年で貯金なら720万円ですが
複利があれば1930万円です
 

f:id:A-BOUT:20171009142238p:plain

 

60年なら貯金なら2160万円ですが
複利があれば7億3380万円です

f:id:A-BOUT:20171009142412p:plain

 

60年違えば貯金なら2160万円だけどS&P500なら322億円

簡単に考えてるので

株価上昇率は除外してるので

S&P500の

1960年は55.61ドルで

2017年は2549、33ドル

 大体46倍になってるので

7億3380×46で

322億円になります。

 

貯金なら60年で2160万円ですが

S&P500に60年買えば

322億円になります。

どっちがお得か分かりますよね

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村