A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

全日本空輸(ANA)の業績を見て見よう

f:id:A-BOUT:20170924085148j:plain

 

はーいどうも

今回は日本を代表する企業

全日本空輸の業績を一緒に見て行きましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

国内線では最大の路線網を持ち、

2015年9月現在、羽田空港における発着枠のシェアの

約6割を占める国際線はアジア諸国とヨーロッパ諸国、

アメリカ合衆国などに就航しており、

2014年5月には有償旅客キロおよび有効座席キロにおいて

日本航空を凌ぐ規模となった

航空会社連合「スターアライアンス」のメンバー。

東証一部上場のANAホールディングス(ANAHD)傘下であり

ANAグループの中核事業たる航空事業を担っている

 

 

 売上高

f:id:A-BOUT:20170728195507p:plain

 

2013年から2016年まで

綺麗右肩あがりです。

2017年には少し売り上げを

落としてます。

 2017年の売り上げは

1兆7652億円になります。

売り上げが落ちたのは

円高の影響との事です。

 

営業利益は

スポンサードリンク

 

f:id:A-BOUT:20170728195941p:plain

 

2014年は2013年

より落ちてますが

2014年からは営業利益は

右肩上がりとなってます。

2017年の営業利益は

1455億円となります。

 


米国株ランキング

 

2020年に向けた成長

イメージについては、

国内線はほぼ現状を維持する

形になるものの、

国際線は約140%の成長を

見込んでいると説明。

 各事業の内訳として、

LCC事業はピーチ(Peach Aviation)

の連結化を果たし、

ピーチとバニラエアのLCC2社の

マーケットシェアは国内LCC市場において

2016年度実績で約52%になっていると紹介。

「2社のブランドを活用し、

2020年に向けたLCC市場の成長における

トップシェアを確実に獲得していきたい」と話した。

 

10年チャートは

f:id:A-BOUT:20170728200538p:plain

 

リーマンショックから

2013年まで株価は

落ち続けて180円代付近まで

落ちてましたが

2013年からは上がって

きてますが

まだリーマンショックの時の

株価を抜く事はできません

 

配当利回りは1,52%と

言ってたやや平凡な数字です。

 

株主優待は

 

<2017年9月までの優待内容:株式併合前>

◎株主優待割番号ご案内書:

片道運賃50%割引(×年2回)

 ・1,000株 … 1枚  ・2,000株 … 2枚

 ・3,000株 … 3枚

 ・4,000株 … 4枚  

(4,000株以降は+2,000株ごとに1枚増えます)

  ・10,000株 … 7枚  

(10,000株以降は+4,000株ごとに1枚増えます)  ・      1,000,000株 … 254枚 + 1

,000,000株超過分8,000株毎に1枚

となっております。

 

投資は自己責任で

スポンサードリンク

 

 

ランキング参加してるのでクリックお願いします

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村