A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

投資信託 アクティブ運用の運用スタイル

f:id:A-BOUT:20170531192520j:plain

 

 

 

アクティブファンドの説明をします。

アクティブファンドはベンチマークの超えようと運用する

スタイルです。

 

 

グロース(成長)

企業の成長や収益を注目して

将来的に成長しそうな企業を

選んで投資する方法です。

 

バリュー(割安)

騎乗の利益や資産といったものに

基本的価値を置いて株価が割安だと思う

会社を選んでます。

 

(ブレンド)

成長や割安にこだわらないです。

 

株式は時価総額と流動性(売り買いのしやすさ)

を基準として

大型、中型、小型に分類されます。

 

大型株

東京証券取引第1部に上場している

企業の中で時価総額と流動性が高い

上位100社を指します

 

中型株

大型以外の上位400社を

指します

 

小型株

大型・中型に含まれない

規模の事を指します

 

一般

大型、中型、小型にも当て

はまらない

カテゴリーの事を言います

 

アクティブファンドの銘柄を選んでいくと方法に

「トップダウン・アプローチ」

「ボトムアップ・アプローチ」

があります。

 

トップダウン・アプローチは

投資する地域、国、通貨、業種などの

比率を先に決めてから

その比率に沿って会社を選びます。

日本は〇%とか米国は〇%って感じです。

 

ボトムアップ・アプローチ

会社の業績を調査したり

会社に訪問してトップと話したり

魅力的思った会社を

詰め込んだような感じです。

 

アクティブ運用はファンドマネジャーの力量によって決まるので

初心者には向いてないと個人的に思ってます。

インデックスファンドの方が

長期ではアクティブ運用を上回るって

データもあるので

 

ランキング参加してるのでクリッお願いします

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
株式ランキング