A-BOUTの初心者資産運用方法

資産運用の未経験者や初心者の為のブログで米国株も

株、投資信託、投資などの資産運用を始めないと将来は暗いままになるぞ 改正版

f:id:A-BOUT:20170429200551j:plain

 

 

まだ株を初めて2か月ほどですが初心者が

未経験者や初心者の為の

資産運用を教えるブログがあっても

いいんではないかと思ってブログにしました

 

 

 何故資産運用なのか?

まずは何故資産運用をしないといけないのかですが、

現在60歳や50歳と比べて30歳や20歳では

将来得られるお金は5000万も違うと言われてます。

 

上がったのは消費税や税金などが昔に比べて大幅に上がってますが

受け取る年金や会社から貰う年収は下がってるので

年収だけでもバブル時代の時に比べて平均で

200万の差があります。

 

親と同じ生活水準はもう無理

だから両親と同じ生活をしようとしても生活が苦しくなるし

家を買っても将来手放す事になります。

でも資産運用って損するんじゃないの?

って声があるとは思いますが

損する時は損しますし、

逆に儲かる時は儲かります。

お金を失う心配だけをしていては

何も出来ません

 

資産運用には

「ローリスク・ローリターン」

「ミドルリスク・ミドルリターン」

「ハイリスク・ハイリターン」

とありますが競馬や宝くじのように一瞬で

100円が一気に何万円もなりませんし

何万円が一瞬に100円になることはありません。

 

銀行にお金を預けるのも資産運用の一種

すでにほとんどの人が資産運用してると言えるので

新しい資産運用を試してはどうかと思います。

 

収入=仕事の図式しかないのは凄く危険なのです。

倒産やリストラなんて当たり前の時代です。

10年後にはロボットの活躍によって

その仕事自体がなくなってるかも

しれません

 

インターネットによって色々な仕事が激変しました。

永遠にあると思われた新聞、

本屋などが風前の灯です。

 

あとは景気回復の恩恵を得られない

 

バブル景気って誰もが知ってるとは思いますが

恩恵って全員には行ってません。

 

会社の上司の話ではサラ―リマンには

バブルの恩恵って

ボーナスが一回増えたぐらいって話ってました。

 

親父は会社経営と言うか職人なので一応経営者だったので

バブルの恩恵は凄く受けました。

 

職人の世界は1人で一日でなんぼって単価

例えば新人に日当8000円なら

1人単価では実は20000万貰えるので

親父は社長なので12000円の余りを懐に入れてました

バブル時代の親父は月収300以上と言ってました

経営者は恩恵を受けるのは当然ですが

資産運用してればバブル時代にも恩恵は得れました。

 

有名なのは株や不動産がですが

物凄い恩恵があったのは有名ですが

バブル崩壊で大損出したのも有名ですが

バブル時代は永遠に続くって

親父も思ったぐらいの狂乱の時代ですので

 

当時の資産運用は借金して全財産を株や不動産に

つぎ込むのが普通って聞いてますんで

そりゃあバブル崩壊したら大損こくに決まってます。

 

でも当時は永遠に株も不動産が上がり続けるし

バブル崩壊の時も一時の時で

すぐに株も不動産も値段が戻るって信じられてたので

大損こいて破産したのも仕方ないですね。

 

 

[過去3番目に長い景気回復」

ヤフーのコメントでは

実感できない

大企業だけだろ

政治家限定とか

のコメントがありましたが

これも資産運用していれば

ある程度の恩恵は得られてます

 

リーマンショックで日経平均が

ガタ落ちから3年ぐらい下がり続けたので

そこからじわりと回復したので

それとダウ平均はリーマンショックから

1年でずっと上がってるので

恩恵は得られます。

 

だから資産運用を勧めるのです。

仕事だけの収入だけで満足ならいいんですが

満足出来ないなら資産運用をしましょう。

 

このブログでは未経験者や

初心者にもわかりやすい資産運用

を書いていこうと思ってます。

ランキング参加してるのでクリックお願いします。

<にほんブログ村 株ブログ 米国株へ